オルリスタットの効果効能

世界で承認を得ている肥満治療薬は主に二つの種類に分類でき、一つは食事に含まれる脂肪の吸収を抑える脂肪吸収阻害 薬で、もう一つは食欲を抑制する事でカロリー摂取を少なくする食欲抑制薬です。
脂肪吸収を阻害する薬の成分としては、スイスの製薬会社が特許を有するオルリスタットが知られています。体重が増える人体のメカニズムとして、食事で摂取した脂肪は、リパーゼという酵素の働きにより消化吸収されますが、オルリスタットは、この消化吸収に関わるリパーゼの働きをブロックする事で、腸管から脂肪が吸収されるのを阻害して肥満を抑制します。
通常のダイエットでは、食事制限で空腹感に悩まされる事も多く、せっかく体重が減少してもリバウンドでまた元の体重に戻ったり、さらに体重が増えてしまうケースも少なくありません。オルリスタットを使用した肥満治療では特別な食事制限が必要なく、ダイエット中の空腹によるストレスを我慢しなくていもいいので、気軽に始められます。
オルリスタットは食事に含まれる脂肪だけに作用するので、服用しても薬自体が体内に吸収される量は極めて少量です。そのため安全性が高く、重篤な副作用が生じにくいのが特徴です。服用上の注意点として、オルリスタットは脂溶性ビタミンの吸収もブロックしてしまうので、サプリメントなどで脂溶性ビタミンの摂取量を増やす必要があります。
オルリスタットは日本では未だ認可されていない薬のため、使用する場合は海外から個人輸入するか、個人輸入業者の通販サイトなどを通じて購入する方法しかありません。日本で認可されていない薬であっても、個人使用に限り輸入が認められています。通販サイトを利用する場合、粗悪品を購入しないためにも安全性の高い業者を選んで利用しましょう。

オルリスタットで痩せることの出来る部分

オルリスタットで痩せやすいのは、脂肪が多くついている部分です。
脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪に分けられますが、どちらも脂っこい食事を控えたり、運動量を増やすことによって脂肪を減らすことが出来ます。
これらの脂肪が集中しやすいのは、お腹まわりです。なので、オルリスタットを使うとお腹まわりを中心に痩せやすくなります。
オルリスタットはどんどん痩せさせるような過激なダイエット薬ではありませんが、そのおかげで激痩せして皮が余ってしまうなどのリスクを回避することが出来ます。
脂肪が落ちてくれば運動もしやすくなるので、少しずつ運動量を増やしていくとダイエット効果が高くなります。
体重が落ちても痩せにくいパーツの代表としては、二の腕や顎、ふくらはぎ、があります。この部位はどちらかというと脂肪の大きさで太くなっているよりも、筋肉の衰え、むくみ、セルライト、筋肉の張り、などで太く見えてしまっていることが多いからです。
筋肉太りの場合には、脂肪の吸収を抑えるだけでは細くなるのは難しいです。なので、筋肉をほぐして柔らかくするようなマッサージを施すようにしましょう。入浴中になでるように優しく揉んであげると、筋肉がほぐれやすいです。
むくみ太りには、血流を改善させるマッサージや軽い運動が効果的です。血流改善も入浴中のマッサージの効果が高いので、習慣にしてみましょう。
筋肉が衰えている場合には、二の腕ならばバンザイ運動をする、顎ならばよく噛んで表情筋を鍛える、などが効果的です。
お腹まわりはオルリスタットでだいたい取れるので、さらに引き締めたいのならば腹筋と背筋を半々に使う正しい立ち方を心がけるようにしましょう。姿勢を正すだけでもかなり引き締まります。

オルリスタットは何歳まで使うことができるのか

肥満治療薬の1つにオルリスタットがあります。欧米などでは人気が高く治療薬としては広く知られていますが、日本においては医薬品扱いとなっており、購入する場合には医療機関が発行する処方箋が必要となります。他に入手する方法としては、自らが個人輸入を利用して行う方法と、輸入代行業者のサイトから購入する方法がありますが、医薬品であるために使用をする場合には十分に注意をする必要があります。
オルリスタットを医療機関を通じて購入する場合には医師や薬剤師からの説明を受けることができますが、他の方法では使用方法や副作用等に関して自分で判断をして使用することになり、その場合には全て自己責任において服用をすることになります。
オルリスタットでは商品に必ず添付文書が付いていますが、輸入の場合には全て英文にて表記がされており、自分で訳すか、ネット等にてその内容をよく確認することが重要です。添付文書の内容としては成分から作用のメカニズム、また、代謝や除去、使用法や服用量といった内容のものがあり、その中でも重要なものの1つとして年齢に関しての記載事項があります。まず、オルリスタットではそこでの表現方法として、使用禁止ではなく治験研究がされていないという表現を用いており、これは使用をしても責任を持てないことを意味しています。まず、小児の判断をしている12歳以下がその対象年齢となっています。次に、65歳以上に関しても、若い人の使用とは異なる反応がでる可能性に触れており、ここでも治験研究がなされていないことが記載されています。オルリスタットで安全性と効果に確認がなされているのは12~16歳か、または、成人の肥満の人になっており、十分に注意が必要になります。
年齢だけなく、他にも使用をしてはいけない場合や副作用に関しての記載があり、それらも良く内容を確認をしてから使用することが重要です。
■通販で賢くキレイに
ゼニカル 通販